深酒とお昼寝で忘れる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深酒とお昼寝で忘れる

素面でも意図したことを忘れがちなしらふいとさんは、忘れる前に書き残せたらとても満足

重い腰を上げて Neovim ことはじめ ー Vim 環境の移行編

Neovim Vim

Neovim は Vim の未来だ ということで、そろそろ Vim 環境を Neovim に移行してみます。作業のモチベーションを上げるため、環境の移行に加えて、プラグイン管理を Neobundle から Dein.vim へ移行すること、および Neovim ニュースレターの 第6号 で紹介されている Neovim ならではの新しいプラグインをインストールすること、も目標にします。

まずは Neovim 本体を Homebrew でインストールします。

$ brew install neovim/neovim/neovim

Neovim への移行のための情報は :help nvim-from-vim から。基本的には下記で OK です。

$ mkdir ~/.config
$ ln -s ~/.vim ~/.config/nvim
$ ln -s ~/.vimrc ~/.config/nvim/init.vim

Neovim は XDG Base Directory Specification という仕様に従っているらしく、上記の ~/.config$XDG_CONFIG_HOME のデフォルト値のようです。ちなみにデータの類は $XDG_DATA_HOME である ~/.local/share に、キャッシュの類は $XDG_CACHE_HOME である ~/.cache に保存すると良いようです。

あとは vim コマンドの代わりに nvim を実行すれば Neovim が起動します。驚くほどスムーズに移行できました。気持ち Vim よりもさくさくしているような印象です。

今時のツールは自己診断なんかもできます。Neovim 内で :CheckHealth コマンドを実行すると環境に問題がないかをチェックしてくれます。Homebrew を使っている人にはお馴染の brew doctor にあたる機能ですね。PythonRuby の環境に問題あり、と診断されたので言われたとおりに下記を実行します。

Python 2:

$ brew install python
$ pip install neovim

Python 3:

$ brew install python3
$ pip3 install neovim

Ruby

$ brew install ruby
$ gem install neovim

再度 :CheckHealth したところ診断結果は良好のようです。

まとめ。Vim から Neovim へ移行しました。次回は、Neobundle から Dein.vim への移行編です。