深酒とお昼寝で忘れる

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深酒とお昼寝で忘れる

素面でも意図したことを忘れがちなしらふいとさんは、忘れる前に書き残せたらとても満足

重い腰を上げて Neovim ことはじめ ー Neobundle から Dein.vim への移行編

Vimプラグイン管理には Neobundle というプラグイン(パッケージ)マネージャのお世話になっており、これといって不満はないんです。ただ Neobundle はもうバグ修正しかしないようですし、いつかは他のプラグインに乗り換えるのかな(面倒くさい……)とは考えていました。そんな折に Neovim へ移行することにしたので、これを機に見通しの悪い .vimrc を含め設定ファイルを見直して整理して、さらに Dein.vim に移行してみました、というのが今回の内容です。話が横道に逸れますが、Vimプラグインマネージャが浸透し始めたのは 2010 年頃 のようで、自身も pathogen.vimVundle と使ってみて 2012 年の終わり頃から NeoBundle を使ってきました。変化の早さに驚くばかりです。

さて話を戻して、このトピックに関しては日本語の情報がたくさんあります。ここここここここここここ……(たぶんまだまだある)。これらの情報に加えて、SpaceVim の設定と、Dein.vim の作者である Shougo さんの 環境 を参考に設定してみました。なるべく複雑にしないことを目標に。

結果、このような構成になりました。

~/.config/nvim/
├── config
│   ├── dein.toml
│   ├── dein.vim
│   ├── dein_lazy.toml
│   ├── dein_local.toml
│   ├── init.vim
│   ├── main.vim
│   └── settings.vim
├── init.vim

init.vimconfig/main.vim を読み込み、この config/main.vim は同じディレクトリにある init.vimdein.vimsettings.vim を順に読み込む、という感じです。dein.vimdein.tomldein_local.toml(ローカルに保存してあるプラグイン)、dein_lazy.toml をそれぞれ dein#load_toml() します。

基本的には、SpaceVim の init.vim および config/init.vim をほとんどそのままコピーして、.vimrc 内のプラグインに関する記述を TOML ファイルに、残った設定を settings.vim に移行しました。TOML ファイル内で、プラグインのインストール情報(repo キー)と共に関連する設定を hook_* というキーでまとめて書いておけるのがすっきりして良いなと思ってます。

例えば、こんな感じ。

[[plugins]]
repo = 'ctrlpvim/ctrlp.vim'
hook_add = '''
    let g:ctrlp_map = '<Leader>cp'
'''

ちなみに hook に関する情報は ここ が詳しそうです。

まとめ。Neobundle から Dein.vim へ移行しました。次回は、新しく導入したプラグインの紹介編です。