深酒とお昼寝で忘れる

深酒とお昼寝で忘れる

素面でも意図したことを忘れがちなしらふいとさんは、忘れる前に書き残せたらとても満足

必要なときにはいつも忘れてしまっている Vim/Neovim のコマンドたち(その1)

diffoff

差分モードを終了する。例えば :diffsplit などして差分を見つつ作業をし、用が済んだ後に一方のファイルを閉じる。ところが sign(特定の行を強調するために、例えば +-> などの印を表示する、左端に表示される一列)が残ってしまい、はてどうやって元に戻すんだっけかな?というときに :diffoff する。

windo

あとに続くコマンドを(現タブ内の)全てのウィンドウに対して実行する。例えばスペースをタブに置換する場合は :windo %s/ /\t/ge とする(最後の e はパターンが見つからない場合にエラーの発生を抑制するオプション)。

g/pattern/d

ファイル内で pattern を含ファイル内で pattern を含む行を削除する。上記 windo に書いたような置換のコマンドは忘れないのだけれど、この行の削除についてはどうも忘れてしまう。ちなみにこの g コマンドは ここ にあるように色々と強力らしい。